富山県在宅医療支援センター

医療従事者のみなさまへ

当センターについて 多職種活動紹介

訪問薬剤師 のタイムスケジュール

医師の指示によりお薬や在宅医療で必要な医療品を患者様宅へお届けし、服薬状況・残薬管理等を行います。

訪問薬剤師の1日
富山市内 薬局
訪問薬剤師 M氏、H氏の場合
9:00
|
10:00
調剤作業
処方箋に基づき、お薬の調剤作業を行います。無菌調剤室では、無菌状態での調合が必要な点滴や麻薬の調合を行います。
10:00
|
12:00
患者様宅を訪問(午前)
依頼を受けてお薬や在宅療養で必要な医療品を患者様宅まで届けています。
12:00
|
13:00
休憩と情報交換
休憩時間には在宅医、訪問看護師、ケアマネジャーを訪問し、情報交換を行っています。また、情報共有ツールを用い、患者様の嚥下状態や身体情報等について多職種と情報共有をしています。
13:00
|
16:00
患者様宅を訪問(午後)
患者様宅へお薬をお届けするだけでなく、お薬カレンダーの設置や残薬の管理、服薬状況を確認し、状況に応じてお薬の型の変更や服薬時間等の提案・支援を行っています。また、薬学的管理指導計画書の作成や訪問後の報告書を作成し、情報をフィードバックしています。
16:00
|
17:30
カンファレンス・サービス担当者会議への参加
医師や関係多職種からの依頼により退院カンファレンスや患者様宅の初回訪問に同行し、在宅療養の進め方等を話し合います。
17:30
|
19:00
患者様宅を訪問(夕方以降)
ご本人がデイサービスから戻られた頃、ご家族の帰宅された頃に再度訪問し、対応しています。
19:30
|
21:00
研修会の開催・参加
麻薬管理やPCAポンプ等の取扱いについての説明会の開催や医療福祉関係の各研修会へ参加して知識研鑽に努めています。

訪問看護師 のタイムスケジュール

主治医と連絡を取り、利用者の健康状況に応じた看護やそのご家族の支援等を行います。

訪問看護師の1日
富山市内 富山県看護協会 訪問看護ステーション ひよどり富山
訪問看護師 N氏の場合
8:30
|
9:00
朝のミーティング
毎朝、利用者の状態や看護内容について情報共有を行い、より良い看護の提供に努めます。訪問先では、利用者の健康状況の観察、医師の指示に基づいた医療処置・管理、リハビリテーションや療養に必要なアドバイス、介護者を含めた精神的な支援、多職種への情報提供やiPadを活用したタイムリーな情報共有に努めています。
9:00
|
12:00
訪問1件終えた後、退院前カンファレンスに参加
利用者の方が退院後、住み慣れた自宅で安心して生活できるように、病院の主治医・看護師・理学療法士とかかりつけ医・ケアマネジャー・デイサービススタッフ・福祉用具取扱い事業所等の職員が、一堂に会して生活支援計画を話し合いを行います。
12:00
|
13:00
休憩と情報交換
ステーションに戻り、休憩を取りながら訪問時の情報をスタッフ間で共有し、必要に応じ医師・ケアマネジャーに連絡をしています。
13:30
|
14:30
利用者宅での担当者会議に参加した後、訪問1件
本人と家族の希望を踏まえ、在宅生活支援に関わる専門職が定期・臨時に集まり、情報交換しながらより効果的な支援となるよう話し合いを行います。
15:00
|
16:00
訪問
訪問は、概ね1日4件(午前2件/午後2件)実施しています。訪問先でもiPadを活用し、カルテの記入や写真の取り込みをすることで、タイムリーな情報共有を行っています。アプリを使っての体操や、利用者の方からの疑問にもiPadの機能を使って、わかりやすくお答えできるよう努めています。
16:30
|
17:00
電子カルテ記入の補足と情報収集
当日の訪問を全て終えた後、ステーションに戻りiPadに情報を入力しながら、翌日に訪問する利用者の情報確認等の事前準備を行います。

ケアマネジャー(介護支援専門員) のタイムスケジュール

介護保険利用者の相談に応じて、介護サービス計画(ケアプラン)を作ります。また、在宅でスムーズに医療や介護を受けられる用に在宅医・訪問看護師・理学療法士・介護職員等の関係多職種と連携し、利用者の介護サービス向上に努めます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)の1日
射水市内 居宅介護支援事業所
ケアマネジャー(介護支援専門員) S氏、I氏の場合
9:30
|
10:30
事業所内ケアマネジャー会議
職場で勤務するケアマネジャー同士で週1回開催しています。利用者情報の共有や困難事例の解決に向けた課題検討、また研修会の参加報告を行い日々知識の向上に努めています。
10:30
|
11:30
ケアプラン作成
利用者にあったケアプランを作成します。ケアプランは新しく利用される方の新規計画の作成や、介護度の変化を考慮した更新のための計画等を作成します。
11:30
|
12:30
居宅サービス担当者会議
利用者のご自宅を訪問し、関係多職種を一堂に交えてデイサービスやリハビリテーションの利用状況・健康状態等を本人及びご家族様から意見を伺います。ケアマネジャー、デイサービス担当者、ショートステイ担当者、理学療法士、訪問看護師、介護福祉士等の各分野からのアドバイスを得た上でサービス向上に向けたケアプランを提案します。
14:00
|
15:00
主治医との連携
主治医の往診に同行し、利用者の健康状態について確認します。また、現在の介護サービス利用状況を主治医に説明し、改善点等のアドバイスを得ます。
15:30
|
17:00
要介護認定調査
行政からの委託を受け、要介護認定申請のあった方のお宅を訪問し、現在の身体状況、生活の状態について本人・家族から聞き取り調査を行い、書類を作成します。

医師 のタイムスケジュール

まちなかの診療所では、午前と午後の診療の合間に訪問診療を行っています。

医師の1日
高岡市内 内科開業医
医師 I先生の場合
9:00
|
13:00
午前の診察
外来診療時間は来院される患者さんの診察・治療を行います。
13:00
|
14:00
お昼休み
お昼休憩時間。昼食をとった後、訪問診療の準備をします。
14:00
|
15:30
在宅医療(訪問診療と往診)
お医者さんと看護師さんが在宅医療を希望する患者さんのご自宅を訪問して診察や検査等を行います。「訪問診療」は定期的なスケジュールで訪問して医療を行うことで、「往診」は具合が悪くなったときに患者さんや家族の要望で不定期に訪問する医療のことです。
15:30
|
18:00
午後の診察
クリニックに戻って、午後の外来診察を行います。直接足を運んで来院される患者さんを待たせることがないように努めておられます。
19:30
|
21:00
関係多職種が集まる勉強会への参加
在宅医療を協力して行う医師・歯科医師・薬剤師・看護師・ケアマネジャー等が参加して毎月定期的に開催している勉強会に参加します。この場を活用し、お互いの活動状況を話し合うことで、課題となっている事例の解決方法や専門知識を持つ関係職種の方からアドバイスをもらう場になっています。